Top 日常のこと ;>がん保険

2011年05月26日

がん保険

日本で一番はやはりがんが一番多いですね。日本人の3人に1人ががんで亡くなるほど確率近年がたかく1975年以降男女共に増加しているそうです。近年の死亡数が継続的に増加し続けているのはがんだけみたいですね。
がんは隔世遺伝の要因や食事など考えられ、人間だれしも体内に蓄積されているものです。もっとも多くの患者がいるのでがん保険の加入者も多くなってきているのだとお見ます。

がん保険に加入すると、手術、化学慮法、放射線療法などあります。他にも最近では先進医療という高額の治療方法も出てきています。がんになると長期入院の可能性、治療完了したとしても転移する可能性もあるのでがんの保険日本人向けの保険だと思います。
がんは様々な場所で起こりうるので何処も油断できません。肺、胃、大腸などなどあります。日本人は上がんになる可能性が高いと自覚しておき、おかしいと思ったら検査をする事がオススメします。仕事熱心な日本人の特性で我慢するってことも良く有ります。しかし何をするにしてもやはり体が一番です。
がん保険に入っていれば大丈夫ってわけでもありません、なんにしても保険は保険なのです。

がんに自体に付いて少し話します。

がんの発生理由は食事や環境中の発がん物質によって遺伝子の本体であるDNAが以上を起こと。体に備わった抗がん力が低下する事の2つあります。
普段の生活で私たちは酸素を吸ってエネルギーを作っています。その過程で活性酸素と言う化学反応性の強い分子が発生します。活性酸素はDNAやたんぱく質などの体の成分を酸化する力が強い。その結果DNAに以上をきたし体の抵抗力が衰えてがんを発生させます。
食べ物で予防しよう
食べ物の中には発がん抑制物質が存在し、体にはがん細胞を排除する免疫力や活性酸素を消去する仕組みが備わっている体の中と外から攻撃してくる発がん物質に抵抗しています。がん予防物質を含んだ食品を多く摂取したり体の免疫力や抗酸化力を高めてやればがん予防する事が出来る。
野菜や果物ががんの予防効果が有るのは、食べ物の中には抗酸化作用のある成分が多く含まれていて発がん物質の作用を減らしたり、体の免疫力を高める効果がある。

がん予防の手段として行うべき事は先ず生活習慣や食生活の改善、次に早期発見・早期治療、最後は転移予防や治療後の再発防止でしす。


がんは様々な要因で発生する事が分かった今は生活習慣を見直し検査をし常に自分の健康状態と向き合い予防を常に心がける事が必要ですね。

もしもなった時の高額の医療費を抑えるために保険の加入を考える事をオススメします。

posted by アーフリード at 17:24 | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。