2011年06月16日

生命保険の基礎?

生命保険の事をあんまり理解していない若者って多いですよね?わたしもその若者の内の一人なんですが。生命保険についての知識はあまりありません。わたしの勘ですが、自分がケガや入院した時に条件が満たされればお金が貰える制度なのかな〜と漠然と思ってます。なので、これを機に生命保険の基礎くらいは学んでおこうと思います。

●生命保険とは●

生命保険とは、家族や自分を守る一つの生活保障の手段といえるでしょう。生命保険は、給付を受ける大勢の人によって保険料を出し合い、万が一保障が必要になったときに給付を受けるこのとのできる保険です。生命保険とは、みんなの助け合いの精神と相互扶助にの仕組みで成り立っているのです。生命保険を選ぶ際には、自分の内容に合った保険とそれに対しての基礎知識を身につけて自分に合った保険内容を選びましょう。

●病気に対して備える●

病気に対して備えるまず1つ目の生命保険の必要性は、病気やケガに対して備えるということです。毎日の生活で何らかのリスクを背負って生活しなければいけません。全く予測できない病気やケガ・死亡など、いつ起こるかわかりません。そんな万が一の時、必要になるのが生命保険といえるでしょう。もし家計の大黒柱の方が入院してしまったら、その家計は経済的に苦しくなってしまう可能性があります。支払っていると何もない間は保険のありがたみは感じませんが、何かあったときには必要になるといえるでしょう。

●将来に対して備える●

将来に対して備える生命保険のもう一つの必要性は、将来に対して備えるということです。将来の計画を事前にある程度予測して立てておく必要があります。もちろん生命保険はやみくもに入るというわけではなく、必要な保険内容や自分のライフスタイルに合わせた保障を選ぶ必要があります。将来自分が金銭的に得をするかどうかは分かりません。忘れてはならないことは、万が一の保障になるわけですから、自分に合った保障内容でなければなりません。

生命保険を理解すれば、自分の人生設計や将来設計に役にたちますね!生命保険は自分のためにかけるわけですからしっかり考えて、慎重に選びましょう♪



posted by アーフリード at 15:26 | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。