2011年07月06日

余裕があれば入るかな〜

生命保険ってやっぱり必要なんですかね〜?生命保険についてあまり知識がないのでどうしたらいいか悩んでおります。余裕がなければないで仕方ないですが、あるなら入った方がいいってよく言われます。若い人は特に生命保険についての知識がないと思いますので、ある程度の知識は付けておいた方が将来役に立つと思いますよ♪突然ですが、日本の生命保険の加入率が高い理由を考えてみました。理由は、幾つかあると思います。その中でも注目は、3点あります。

@ 生命保険を掛ける余裕があるということ
A 生命保険の加入促進をすすめてきたこと
B 社会保障が完璧ではないこと

 
◇ @ 生命保険を掛ける余裕があること ◇
中国では、まだ生命保険に加入している人は少ないそうです。また日本国内で見ても、表に掲げた平成22年度と平成19年度を比べると 男性は加入率が1.8ポイント減少し、女性は0.3ポイント増加したそうです。
食費や光熱費を支払うのが精一杯の時には生命保険なんて掛ける余裕は無いですよね。食費や光熱費は、今の生活に必要な出費です。それに対して生命保険は、将来の生活に必要な出費ですからね。もしあなたが、今の生活に余裕が出てきたら、そのときが生命保険を検討する時期でしょう。

◇ A 生命保険の加入促進をすすめてきたこと ◇
生命保険を販売している人を生命保険募集人といいます。いわゆる生保レディです。女性が多いですね。外資系の保険会社では、男性が多いケースもありますが、多くの生命保険会社では、女性の募集人が多くなっています。 なぜでしょう?
理由は、戦争で夫を失った寡婦の生活保障のひとつの就職先として生命保険会社が女性を大量に雇用したためです。戦争で夫を失った女性が訴える生命保険の必要性は、心に響くものがあったでしょう。彼女たちも生活のため、知人・友人・親戚に必死に生命保険を勧めました。
 そのような歴史的背景も、生命保険の加入率が高位理由のひとつでしょう。

◇ B 社会保障が完璧ではないこと ◇
いま、年金制度がゆれています。消費税を引き上げてやりくりしようとしていますが、それでよいのかは疑問ですね。残念ながら、日本の社会制度は関ペ時とはいえません。北欧の国のようにゆりかごから墓場まで面倒を着てくれるようになっていません。あくまでも、自助努力を前提として、必要最低限の生活を保障するというのか今の日本の社会保障です。ですから、死亡保障や年金は、自分で備えて置かなければなりません。そのため、生命保険に入る方が多いのです。
また、国のほうでも 生命保険による自助努力を支援するため、生命保険料控除や年金保険料控除等の税制面で優遇措置を取っています。

「生命保険って必要?」って悩んでいる方、この記事が参孝になれば幸いです♪

☆オススメサイト☆

東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、栃木、群馬のエアコン・空調機の事なら何でもお任せ下さい!

布団丸洗いするならきららウォッシュまで

posted by アーフリード at 14:09 | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。